実績紹介2019.02.27
ステンレス金網の溶接もお任せください!

今回は、ステンレス金網溶接の製作事例として、弊社製品でも使用される部品のひとつ「ステンレスドラム」についてご紹介させていただきます。

ステンレスドラム

ステンレスドラム

こちらのドラムは、丸いステンレスの輪(フランジ)が棒状のもの(フラットバー)でつながれ、その周りにステンレスの金網を貼って造られています。

金網を、フランジとフラットバーに溶接して製作しているのですが、何といってもこの「金網の溶接」を綺麗に行なうのが大変難易度の高い作業となります。

ステンレスドラム

特に今回、ステンレスドラムで使用したのは「ステンレス金網 平織30メッシュ」となりますが、目が細かな平織30メッシュを綺麗に溶接することはできませんでした。

※ステンレス金網は、金網の編み方と目の細かさで違いがあり、「メッシュ」というのは1インチ(25.4mm)の中にある目数を表します。

今までははんだ付けするしかなかったのですが、はんだには鉛が含まれるため、食品、製薬等の業界向け製品では使用することができませんでした。
しかし、ステンレス金網も溶接できるようになりましたので、今後はそういった問題はありません。

繊細な溶接も、職人がひとつひとつ丁寧に製作いたしますのでぜひご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください!